粉体塗装とは

一般的な「塗装」に使用される「塗料」は、顔料(色)が溶剤に溶け込んだもので、液体塗料・溶剤塗料などと呼ばれます。
塗装後にこの溶剤が乾燥・揮発することで塗料が定着して塗膜が形成され、これを私たちは「色が塗れた」状態として見ることができます。
一方、粉状の顔料を直接吹き付けて金属などの被塗物に塗膜を形成する塗装方法が「粉体塗装」と呼ばれる塗装方法です。
イメージ的には色を塗るというよりも「パウダーコーティング」の文字通り、「細かい粒子で表面をコーティングする」というほうが近いイメージです。

溶剤を使用しないで顔料が金属に定着する秘密は、粉体塗装独特なメカニズムによるもの。アースされた被塗物(金属)は元々プラスの電気を帯びていて、これにマイナスの電気を与えた顔料(粉体)を吹き付けて表面に付着させます。さらにこの後オーブンで加熱(焼き付け)することで、均一で丈夫な塗膜が形成されます。

溶剤を使用しないで顔料が金属に定着する秘密は、粉体塗装独特なメカニズムによるものです。
アースされた被塗物(金属)は、元々プラスの電気を帯びていて、これにマイナスの電気を与えた顔料(粉体)を吹き付けて表面に付着させます。
さらにこの後オーブンで加熱(焼き付け)することで、均一で丈夫な塗膜が形成されます。

加熱(焼き付け)することにより、粉体が融解し、化学反応によって高分子ポリマーがネットワーク状の組織を形成することで被塗物は空気に触れにくくなり、優れた防錆性を発揮します。粉体塗装はもともと一般的な溶剤を用いた塗装と比べ、厚く丈夫な塗膜を形成することからサビ止め塗料として普及した歴史があります。ガードレールや車のエクステリア用品など耐候性や防錆性が求められるような製品や、過酷な使用状況の塗装にも広く利用されているのはこのためです。

加熱(焼き付け)することにより、粉体が融解し、化学反応によって高分子ポリマーがネットワーク状の組織を形成することで被塗物は空気に触れにくくなり、優れた防錆性を発揮します。
粉体塗装はもともと一般的な溶剤を用いた塗装と比べ、厚く丈夫な塗膜を形成することからサビ止め塗料として普及した歴史があります。ガードレールや車のエクステリア用品など耐候性や防錆性が求められるような製品や、過酷な使用状況の塗装にも広く利用されているのはこのためです。

粉体塗装のメリット

強い塗装

Sample

粉体塗装の場合1回の塗装で40~150ミクロンの塗膜をつくることができます。
これは溶剤塗装のおよそ4~5倍の厚みです。それに加えて塗膜自体の強度もあるので、キズに対しては非常に強い塗装といえます。さらに耐熱性、耐油性にも優れているので自動車部品などの過酷な使用にも耐えうる強い塗装といえます。

優れた防錆能力

もともと粉体塗装は「さび止め塗料」として普及したという歴史があります。
溶剤塗装に比べ塗膜が厚く、さらにピンホールなども少ないので、粉体塗装された金属は空気に触れにくい、つまり錆びにくいという特徴があります。
ガードレールやエクステリア用品など、耐候性が求められる製品にも適しています。

柔軟性のある塗膜

粉体塗装はキズに強い一方で、塗膜自体が柔軟であるという特徴も備えています。
溶剤塗装の場合、屋外など温度差の激しい場所に長時間放置すると金属の伸縮に塗膜が対応できずにひび割れなどを起こしてしまいます。
粉体塗装の場合は柔軟に伸縮するので、結果としてひび割れなどが起きにくく、塗装の寿命が長いのが特徴です。

環境にやさしいエコ塗装

Sample

粉体塗料は有機溶剤を全く使用しないので、中毒や火災などの塗装作業におけるリスクが低減できます。
また粉体塗料は揮発することがないことに加えて塗料自体の回収も可能なので、塗料のロスが非常に少ないのも特徴です。
大気汚染や汚水の問題もクリアした、環境にも生態系にもやさしいエコ塗料です。

粉体塗装についてのご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

本社TEL.0562-33-5184

営業時間 8:00~17:00(平日)

CONTACT

先頭へ